本文へ移動

ド・ロさまBLOG

RSS(別ウィンドウで開きます) 

暑いですね! たくましい野菜たち…

2018-07-24
藍伸びました
スイカ1
スイカ2
夏の花
 記録的、とか数十年に一度のとの表現を、ニュースでよく耳にしますね。確かに暑いです。汗びっしょりで来られるみなさまに、冷たいドロさまの青いお茶が喜ばれています。キーパーが空になって慌てて作り足す日も増えてきました。
 この日差しの中、元気ものと言えば野菜たちそして花!今年もスイカが実をつけました。トウモロコシももう少しで実りそう。藍も伸びましたよ。これからの心配はアナグマです。トウモロコシが大好物。スイカももちろん。そろそろと思っている頃に先におなかの中に収穫してくれますので、「少しは残してくれよ」と、優しい地域の方たちは苦笑します。わたしは、どう対策すればこちらが先に収穫できるか、策を練っているところです。いじわるかな?

世界遺産登録‼ 遅ればせの報告ですが…

2018-07-05
お祝ポスター
出津集落(道の駅 夕陽が丘そとめから)
 6月30日(土)18時少し前、「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」世界遺産登録確定の木づちが打たれました。バーレーンの審議会をパブリックビューイングで見守っていた人たちから大きな歓声と拍手がわきました。感動したのは、各国の大使が高評価で推薦のことばと祝福を述べてくださったこと。視察に訪れてくださった見覚えのあるお顔の大使の方々でした。そして何より、現地で喜びのメッセージを述べた田上市長のことば『厳しい状況の中で守り抜いたキリシタンの皆さんの深い信仰がこの世界遺産の基です』。
 この救助院も世界文化遺産『出津集落』の一角にあります。ここは、庄屋屋敷跡ということで、キリシタンとのかかわりの深い場所でもあります。キリシタンたちのカムフラージュしてまでも守り抜いた確固とした信仰に触れにおいでください。そしてそれ故に極貧だったこの地の人々を、禁教令撤廃後、生活救済に、地域の整備にと尽力したド・ロさまの精神にも触れてみてください。
 
 ところで、台風7号、凄まじいものでしたよ。南風で吹く台風が、この救助院にとって、そして教会にとって大変なものであることを実感しました。軽く考えて十分な備えをしていませんでしたので、ヒヤヒヤ。しかも長時間、ほぼ一日中強風下でしたので…。おかげさまで、被害がなく、ホッとしています。

小麦を小麦粉にします。雨の中を製粉所へ!

2018-06-29
乾いた小麦
芽を出した藍
水車小屋脇のベゴニア
 北の方は梅雨明けとのニュース!とっても驚いています。
 今日は西海市面高(おもだか)の精米所(製粉もしてくれる)に製粉を頼みに行ってきました。1時間近くかかりますので、入館の方を迎える前にと、8時前の出発。こちらは朝から雨、しかもかなりの降り方。おじちゃんが、乾いてるねと言ってくれたので、安心して預けてきました。
 昨年晩秋に種まきした麦を、5月に刈り取り脱穀。お日様がある日には干して干して、やっと粉になります。今年は収穫量が少ないのですが、ボランティアさんたちが頑張ってくれたものです。パスタやパンを作ります。
 
 ここで生まれた子猫たち、大きくなって遊びに来ます。親猫にしっかりガードされながら爪とぎをします。わたしが覗くと母猫は牙をむき、子猫たちは無邪気に遊んでいます。遊びに来るのは2匹だけ、しかも一匹は足に傷を負っているよう。牙をむく母猫は少々やつれ気味。生きるって大変だなと思ったりしています。
 
    梅雨晴れに 仔猫爪研ぐ 守られて
 
 いただいた藍の種が芽を出し育っています。種まきが遅かったようですが、どんなものになるか楽しみです。

草刈りボランティアに証券マン‼

2018-06-17
日興証券社員の皆さま
草刈りと茶摘み
草刈り機で手際よく
紅茶の味見
 6月16日(土)、梅雨とは思えぬ晴天。日興証券株式会社長崎支店の皆さまが支店長様はじめ18名、ボランティアに来て下さいました。ほとんどが若い社員の皆さんで、久しぶりの若者集団に、ド・ロさまは目を細めていたことでしょうね。
 午前中はうーでーら(ド・ロ神父が開墾した畑)の茶畑の草刈りと茶摘み、午後は摘んだ茶の葉で紅茶作り。
 昨年に続き2年目で、鎌を持つのも初めてだった皆さんでしたが、今年はすっかり慣れてとてもはかどりました。草払い機にも新たに2名が挑戦し、うーでーらボランティアの瀬上さんの指導を受けながら4人で機械を使って払い、広範囲が見違えるほどすっきりとなりました。
 午後は摘んだ茶葉で紅茶作り。良いお天気で発酵がスムーズ! 薫り高い紅茶ができました。五島から送ってもらったレモンで女性たちはジャムづくり。仕上がった紅茶にジャムを入れたりして楽しみ、ボランティアの活動を終了。 
 一日付き合っていただきましたが、元気な明るいみなさまにまた来てくださるようお願いして見送りました。ありがとうございました。
 
 
  くちなしの花香り 今日は父の日
     くちなしの香りに、父を思い出しました。
     あまり感情を出さない人でしたがくちなしは好きでした。

本日6月7日、ド・ロさま来日150年記念日。この日に・・・!

2018-06-07
複製 開いたページ
複製 閉じた状態
本日出たド・ロさま漫画
 梅雨の晴れ間。良い天気!
 ド・ロさまの記録簿 日日の帳の贈呈式が開催されました。なんと、日日の帳の複製を1冊作っていただいたのです。コピー機のメーカー富士ゼロックスが、社会貢献の一環で、古文書などを複製する「文化伝承活動」を展開しているのですが、日日の帳を複製して寄贈してくださったのです。折も折、ド・ロさまの来日150年目の記念日です。広く多くの方の手に取って見ていただくのが条件ですが、それは、こちらの念願でもありました。救助院に展示しますので、手に取って、ドロさまの思いと、富士ゼロックス株式会社の高度な技術を味わってください。
 また、この日に、ド・ロさまの生涯を描いた漫画「そのとき風がふいた」も出版されましたよ。こちらもご一読ください。救助院でも販売しています。
旧出津救助院
●開館時間
 火~土:9:00-17:00
(最終受付16:30)
●休館日
 月曜日(祝日の場合は翌日)
詳しくはコチラ
TEL 0959-25-1002
FAX 0959-25-1006
0
2
0
7
0
4
TOPへ戻る