本文へ移動

ド・ロさまBLOG

RSS(別ウィンドウで開きます) 

2023年今年もよろしくお願いします。

2023-01-16
小麦種まき前の草焼き
小麦種まき前の土作り
小麦の発芽
2023年1月日の出
青空に映えるユウコウ
年末の雪に覆われた茶畑
新年あけましておめでとうございます。
あたたかい正月でしたね。今日からまた冷え込みが始まりました。
麦踏も1月2日に一度、そして今日16日二度目の麦踏をしていただいています。
またまた、忙しい畑の時間がやってきます。すべてが初めての体験で、60の手習いでしたが時間と手をかけた分
結果を見る喜びも味わうことが出来ました。今年は昨年よりも効率よくお仕事が出来ますように。
イエス様とマリア様の手もきっと添えていただけると信じて。
今年もよろしくお願いします。

秋の思い出

2022-12-19
大平の畑に向かう途中で①
大平の畑に向かう途中で②
大平の畑に向かう途中で③
マカロニ工場の屋根にアオサギ
贅沢な景色です。
こんにちは。お元気ですか。畑に向かう途中、いつも気になっていた小粒の柿の実と石積みの家に這うツタの葉です。
カメラを構えると後部から車。チャンスを掴めずにいた悔しさから今日は何があっても撮りたい!!。私の強い希望に勇気をくださったマリア様に「ありがとう。」でした。車に乗り込んだとたん後部から車、ラッキー!と呟きました。日常的に楽しいこと、嬉しいことばかりではないですね。
 そんな時、神さまがくださる心の癒しの瞬間は大きな慰めになります。やっぱり神さまはすぐ近くにおられる。いつも私たちのことを気にかけてくださる。罪びとの私にもなんと有難いことか。神に感謝!。

命あるすべてのもの冬の装い

2022-12-11
三つ子芋、3キロ。
蕎麦を刈りました。
脱穀した蕎麦の実、しっかり乾燥。
スライスした芋を茹でて干します。
芋掘りを楽しみました、この後焼き芋。
畑も一つ二つと作物が収穫され賑わいが消えていきます。刈り込まれた草を広~い畑のど真ん中で焼きました。少し怖かったけど気になっていたのでスッキリ。土だけに戻った畑をミニテーラーで耕し小麦を蒔きました。麦踏の季節が待ち遠しい。畑の畔に腰を下ろしおいしい空気をいっぱい吸って一帯を眺めまわす。この畑たちもよく頑張ったね。ありがとう、畑作にご協力くださった方々にも「ありがとうございました。」

自然は神さまの作品

2022-11-04
ド・ロさま畑の帰り道①
ド・ロさま畑の帰り道②猿の腰掛。
救助院の隣「ド・ロ神父記念館」の花リンゴたち
デッカク成長したラデッシュ
真っ赤な夕焼け
 ド・ロ様ブログをご覧くださっている皆様、お元気ですか?肌寒さを感じる朝夕になりましたが風邪をめされていませんか。
救助院は入館者も少しずつ増えド・ロ様の愛に癒される方が増えてまいりました。ド・ロ様が運んでくださるお客様に、ド・ロ様の精神でおもてなしを心掛けています。
 畑のほうは、近く芋掘り体験を行います。日枯れしながらも実をつけようと頑張った芋ずるの何と逞しいこと。ガンバレ!ガンバレ!とエールを送ると
芋畑に愛情が湧きます。(芋に恋したシスター)は、畑の帰り道、美しい自然を眺め「神さま今日も一日ありがとう。」と深い感動のため息を一つ。
明日も、あなたを賛美できる元気をください。

暑さを忘れるほどの涼しさです。

2022-10-08
大野教会、年に一度のミサの日。
沢山の参加者です。
教会裏の玄武岩で作られたド・ロ壁。
あー秋だね。
9月に種まきした蕎麦の成長。
すっかり涼しくなりました。
皆様お変わりございませんか。寒さを感じるほどの秋風です。
朝8時、救助院開館前に大平の畑に向かう途中、枝から落下した栗の実をゲットしました。
めったに出会わない栗の実です。私のために備えられたと大喜びでハザードランプを点灯して「ありがとうマリア様。」
他にも何か良いことありそうな予感。鼻歌交じりに車を走らせました。私の喜び伝わりましたか?
旧出津救助院
●開館時間
 火~土:9:00-17:00
 日:11:00-17:00
(最終受付16:30)
●休館日
 月曜日(祝日の場合は翌日)
 長崎市西出津町2696-1
 TEL 0959-25-1002
 FAX 0959-25-1006
0
8
5
1
1
9
TOPへ戻る